雪止め施工例

雪止め

先日、雪が降った時の写真です。(2009.3.)

年に数回しか、雪が降りませんが、雪止めを付けていれば

樋を傷めることなく安心です。

雪止金具(後付け用)

雪止金具@雪止金具A

平板瓦用の雪止金具です。(後付け用)

 

最近の瓦は、すべて釘で留めてあり、また、瓦自体に防災機能があるため、前側が気持ち程度しか持ち上がりません。

強引に持ち上げると、防災機能を損なうか、瓦自体破損することがあります。

この雪止金具は、下のパーツを瓦に引っ掛けて、上のパーツで瓦を挟み込みボルトで締めこむ構造になっております。

対応できる瓦に制限があるのと、若干、通常の雪止金具より高いことはありますが、瓦を破損することなく取り付けりことができますので、後から雪止め金具をつける方にはお薦め致します。

雪止め金具.jpg 

施工手順

@.下の金具を瓦に引っ掛ける。 

A.上の金具をかぶせる。

B.スプリングワッシャを入れ、ナットで締め付ける。

C.完成です。  

       

カラーベスト 後付け用雪止め

4.雪止め金具.jpg

後付け用 雪止め金具(カラーベスト)

カラーベストの隙間に差し込み、カラーベストに引っ掛けます。

5.東広島 O邸.jpg

東広島 O様邸 施工完了です。(上記の雪止め金具にて施工)

勾配がきつく、落ちそうで怖かったです。

本来は足場を設置しなければいけないのですが、軽微な工事なので・・・。

2010.12.27.

 

雪止め金具の施工

雪止め金具

 現在、ハウスメーカーで建てられたほとんどの家は、すべての瓦が釘で留めてあると思います。

 しかし、10年前までは、住宅金融公庫仕様というものがあり、すべての瓦を釘で留めなくてもよかった時代があります。

 そういった、建物の屋根に、雪止めを取り付ける場合は、留めていない瓦をはぐり、雪止め金具を野地面に固定し、瓦を復旧致します。

 雪止瓦の場合も同様で、既存の瓦をはずし、雪止瓦を留めて、復旧します。

 最近の瓦は、全数釘留めが普通になってきていますので、後から、雪止め金具・瓦を施工することが困難になっています。

 上の写真は、雪止め金具の施工例です。(既存の瓦に施工中)