ひとあじ違う下地材!

高分子樹脂ルーフィング(Revo3)

下地材.jpg

防水性能の高い下地材です。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、縦の突起が桟木を浮かし、万が一の漏水も軒先まで、スムーズに水を流します。

 

(リフォームの際、瓦をめくると、瓦桟木の上部には、結構ほこりがたまっていることが多いです。

そのため、漏水すると水が塞き止められ、屋内に水が侵入しやすくなることがあります。)

 

この下地材は突起部が3mmと高いこと、全体に隙間ができることにより、少々のほこりも問題ありません。

これからの下地材!

 遮熱ルーフィング(REVO4)

射熱ルーフィング.jpg 

下地材に遮熱効果!

アルミが貼り付けてあり、熱線(熱波)を反射します。

夏場、小屋裏の温度が3度以上違います。

                                                                                       

 アルミは波を反射します。太陽光線も波のひとつで、夏場の暑い熱線(赤外線)を反射し、家を熱から守ります。

 夏場、車のフロントガラスの後ろに置いてある日除け、これも銀紙(アルミ)が貼り付けてあり、熱線を反射してるのです。よく、みかけますよね。

 

  実験してみてください。

  携帯電話をアルミ箔で包み、その携帯電話に電話をかけてみてください。その携帯電話には、電話はつながらないはずです。アルミは電波を反射します。

 魔法瓶にもアルミが使用されているのは、ご存じだと思います。保温・保冷効果もあり、外部からの熱を伝えません。

 

     次項有 遮熱ルーフィングの説明はこちらへどうぞ